GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズの元ベーシストであるビル・ワイマンは新型コロナウイルスを受けて自身のレストランを閉店することが明らかになっている。

ザ・ローリング・ストーンズが1971年に発表したアルバムに由来するスティッキー・フィンガーズは1989年にオープンし、ザ・ローリング・ストーンズにまつわる貴重な品々で装飾されたレストランとなっていた。

しかし、ビル・ワイマンは32年の営業を経て閉店することを決定している。

84歳のビル・ワイマンは次のように述べている。「新型コロナウイルスの影響を受けているすべての人々に思いを寄せています。そして、悲しいお知らせになりますが、私の愛するレストランのスティッキー・フィンガーズはパンデミックのせいで最終的に閉店することになりました」

「スティッキー・フィンガーズを応援してくれたすべての人々にお礼を言いたいです。顧客にとってもスタッフにとっても32年間にわたって素晴らしい営業となりました」

ビル・ワイマンのある友人は『デイリー・メール』紙に次のように語っている。「閉店しなければならないことにビルは打ちひしがれていますが、新型コロナウイルスのパンデミックによって続けることは不可能でした。素晴らしい食事と音楽に情熱を注いだお店で、閉店するまで彼にとっては大きな存在でした」

ビル・ワイマンは1993年にザ・ローリング・ストーンズを脱退して、自身のバンドであるビル・ワイマンズ・リズム・キングスを結成している。

先日、ザ・ローリング・ストーンズは2006年2月8日にリオデジャネイロのコパカバーナ・ビーチで行なったライヴを収めた映像作品『ア・ビガー・バン:ライヴ・オン・コパカバーナ・ビーチ』が7月9日に発売されることが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ