GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは伝記映画で自分のことを演じてもらいたい俳優を明かしている。

ノエル・ギャラガーは伝記映画で自分のことを演じてもらうならばマイケル・ファスベンダーが理想の人物だと語っている。

ノエル・ギャラガーは映画で彼の人生を演じるならばマイケル・ファスベンダーが完璧な選択だと述べており、顔が似ていることを理由に挙げている。

「俺は変わった見た目だからな」と彼はマット・モーガンのポッドキャストで語っている。

「誰が俺を演じたいというんだ? 分からないよ。おそらくマイケル(・ファスベンダー)だね。というのも、彼は素晴らしい俳優だからね」

以前、リアム・ギャラガーオアシスを映画化した時にノエル役を演じてもらいたい俳優を明かしていた。

リアム・ギャラガーは次のように語っている。「ミスター・ビーンがノエル役にはふさわしいよな。だって、あいつはイライラさせてくるだろ? その頭にとにかく一発お見舞いしたくなるからね。『おいやめとけよ』って感じでさ」

先日、オアシスは25年前に行われた記録的なネブワース公演を振り返るコンサート・ドキュメンタリーが公開されることが決定している。

オアシスは1996年8月にハートフォードシャーのネブワース・パークで25万人の観客にライヴを行っている。この2日間の公演はいくつかの記録を打ち立てており、全人口の4%以上がチケットを申し込み、史上最大のチケット需要となっていた。

本作はライヴ上映を手掛けるトラファルガー・リリーシングによって劇場上映される。上映日はまだ発表されていない。RSAフィルムが制作を担当し、ノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーはエグゼクティヴ・プロデューサーを務めている。

ノエル・ギャラガーはオアシスのネブワース公演を追ったドキュメンタリー作品について「観てすごく感情的になってしまった」と語っている。

また、ノエル・ギャラガーはギター・メーカーのギブソンと協力して「ノエル・ギャラガー J-150」と題したアコースティック・ギターを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ