GETTY

Photo: GETTY

スコット・“スクーター”・ブラウンはテイラー・スウィフトのバックカタログの音源を買収したことで「込み入った」体験について語り、この問題について語るためにテイラー・スウィフトと何度か会おうとしたと述べている。

『ヴァラエティ』誌のインタヴューでスコット・“スクーター”・ブラウンは騒動が起きたことについて自身の見解を語っている。「後悔しているし、テイラー・スウィフトがあの契約にああいう反応をしたことは悲しくなったよ」

「起きたことは全部すごく込み入ったもので、事実に基づいてなかったんだ。彼女がどんな話を聞いたかは知らないけどさ。何度か会って話をしようとしたんだけど、彼女には断られたんだ。秘密保持契約の下、カタログを買い戻してもらおうとしたんだけど、彼女のチームは断ったんだ。すごく残念な感じだったね」

彼は次のように続けている。「オープンなコミュニケーションが重要で、理解に導いてくれるはずなんだけどさ。彼女とは3回か4回ちょっとしか会ったことがないんだけど、そのやりとりはフレンドリーでやさしいものだった。彼女のことはすごく才能のあるアーティストだと思ったし、最善以外願ってないよ」

2020年11月にテイラー・スウィフトは「スクーター・ブラウンとの交渉をしようとした」ものの対話は実りのあるものにならなかったと述べている。

「スクーター・ブラウンのチームは私に前向きな言葉以外口にしないという厳格な秘密保持契約を結ばせようとしました」と彼女は述べている。「そうすれば、ビッグ・マシーン・レーベル・グループとの財務記録を見られるということでした」

『ヴァラエティ』誌のインタヴューでスクーター・ブラウンは嫌がらせをしたという非難に次のように反論している。「いじめには断固反対なんだ。常に感謝と理解を持って進めていこうとしているよ。いつも誤解されるんだよ。人々は見たいようにしか見ないからね」

テイラー・スウィフトは2017年発表の『レピュテーション』までの作品を現在再レコーディングしている。先週、次の再レコーディングするアルバムは『レッド』になることが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ