Jill Furmanovsky

Photo: Jill Furmanovsky

ノエル・ギャラガーはギター・メーカーのギブソンと協力して、「ノエル・ギャラガー J-150」と題したアコースティック・ギターを発表している。

これはノエル・ギャラガーが20年以上にわたって頼りにしてきたアコースティック・ギターで、オアシスの“Little By Little”で初めて目撃されている。

ギブソンは200本限定となるノエル・ギャラガー仕様のJ-150を発表しており、背と横にはメイプルが使われ、シトカ・スプルースがトップには使われている。

カスタム・ケースが付属し、手書きのラベルと手書きの歌詞のレプリカ、アディダス公認のステッカーも付いてくる。

「ギブソンがプロトタイプを持ってきた時、床の上にあるのを見て、ダメだと思ったんだけどさ。でも、音はまさに俺のと一緒だったね。圧倒されたよ」とノエル・ギャラガーは語っている。

ギブソンのヨーロッパのマーケティング責任者であるリー・バートラムは次のように語っている。「ノエル・ギャラガーは世代を代表する存在になっただけでなく、多くの人にとって生き方の土台となりました」

「真に偉大な音楽は人生のある瞬間に連れて行ってくれる能力を持っています。ある時間のスナップショットであり、人生の参照点となります。ノエルの音楽は彼の曲を聴いて旅をしてきた無数の人々にとってそういうものとなっています。たとえ短い間だとしても、ロックンロール・スターになると信じれたのです」

「このような象徴的なアーティストと仕事をできたことが光栄に思いますし、このプロジェクトを実現したことはそうした音楽とそこから信じさせてくれたものへの心ばかりのお礼です」

ギターの詳細はこちらから。

https://www.gibson.com/Guitar/ACCY82629/Noel-Gallagher-J-150/Vintage-Sunburst

また、ノエル・ギャラガーはハイ・フライング・バーズでのツアーを撮影した写真展をオンラインで立ち上げている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ