GETTY

Photo: GETTY

キッスのポール・スタンレーはオリジナル・メンバーがいなくても今後もバンドは続く可能性があると語っている。

キッスは2019年に最後のツアー「エンド・オブ・ザ・ロード」を開始しており、2022年に終わる予定となっている。

ポール・スタンレーとジーン・シモンズは現在も活動を続けるオリジナル・ラインナップのメンバーだが、ギタリストのトミー・セイヤーとドラマーのエリック・シンガーはそれぞれエース・フレイリーとピーター・クリスに代わって現在のメンバーとなっている。

ドイツのラジオ局「ラジオ・ボブ!」に出演したポール・スタンレーは彼とジーン・シモンズが引退した後もバンドが続くことはあり得るかと訊かれて、次のように答えている。「キッスの新しいメンバーを考えることやキッス2.0については話をしたことはないと思うんだけどさ。キッスを続けることができるか、キッスが僕らなしでも進化することができるかって? ああ、既に50%だからね」

「言い換えれば『オリジナルの4人じゃなきゃ無理だ』ってみんなが言っていた時期もあったし、『オリジナルの3人じゃなきゃ無理だ』って時期もあったわけだけど、物事は変わっていて、環境も変わってるんだよね」

彼は「違う人間でもキッスを進化させる可能性はあるかと言われたら、そうだと思うよ」と語っている。

「他の人でもたいまつを掲げて、ライヴや音楽や哲学に何かを持ち込んでくれるのであれば、それはキッスになるよ。キッス2.0じゃなくてね」

「もし実現するなら、俺たちが常に抱えてきた哲学が継続するものになるべきだよね。それこそがキッスがどのメンバーよりも大きなものだからね」

対照的にエース・フレーリーは以前オリジナル・メンバーなしのキッスについて「これまで聞いた中でも最もバカげた意見」と語っていた。

「彼らはファンを正当化しようとしているんだ。『ピーターも脱退した。エースも脱退した。最終的に自分たちも代わるんだ』ってね。ミック・ジャガーが『俺とキースが死んだ後は他の人間でザ・ローリング・ストーンズは続いていくよ』と言ったとして、冗談でしかないよね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ