GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはデビュー・アルバムの制作過程を振り返り、「あらゆる瞬間が嫌だった」と語っている。

ビリー・アイリッシュは『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』を2019年3月にリリースしており、アルバムは世界各地でチャートのトップに立っている。

米『ローリング・ストーン』誌の新たなインタヴューでビリー・アイリッシュはデビュー・アルバムが画期的な成功を収めたにもかかわらず、作曲の過程は楽しめなかったと語っている。

「あらゆる瞬間が嫌だった」と彼女は語っている。「曲を書くのが嫌だったし、レコーディングも嫌だった。もう絵に描いたように嫌だった。他のことだったら何だってしたわ。この後、またアルバムを作るなんて考えられなかったのを覚えている。絶対に嫌だった」

来月リリースされるセカンド・アルバムの制作と何が違ったのかについてビリー・アイリッシュは次のように語っている。「誰も何も言わなかったわ。文字通り私とフィニアスだけで、他に誰もいなかったの」

インタヴューでビリー・アイリッシュは有名になった英『ヴォーグ』誌の表紙撮影について語り、反応の中には「そういうことじゃない」と思うものもあったと述べている。

2021年6月号の表紙撮影の写真はビリー・アイリッシュのファッションのセレクトが大きな関心を集めることとなり、インスタグラムで「いいね」の記録を作っている。

「サイズの大きい服を着た数年前の『ヴォーグ』の表紙と最近の表紙を並べた写真を見たんだけど、キャプションには『これが成長というものだ』と書いてあった」と彼女は語っている。

「どうしてこうなったのかは分かっているんだけど、でも同時に『違う。そういうことじゃない。成長する必要なんてなかった』と思った」

先日、ビリー・アイリッシュはエア・ジョーダンとのコラボレーションに取り組んでいると噂されている。

ビリー・アイリッシュはナイキによるエア・ジョーダンのブランドとの提携について正式な発表をまだ行っていない。

2020年9月の時点でエア・ジョーダンの副社長であるジェントリー・ハンフリーはビリー・アイリッシュとのコラボレーションの可能性を示唆していた。

「私たちはアレイリ・メイのような方たちとこれまでやってきました。ビリー・アイリッシュとやるのも日の目を見ることになるでしょう」と彼は語っている。「彼女たちの見解は女性消費者を代表する決定的な視点を生み出す機会を私たちに与えてくれます」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ