GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは開催中のユーロ2020での優勝国を予想している。

新型コロナウイルスによって1年間延期されたユーロ2020は現地時間6月11日に開幕しており、6つのグループに分かれてグループ・ステージの試合を行い、決勝戦は7月12日に行われる。

あるファンが「ドイツがユーロ優勝しようとしているけど、どう思う?」と尋ねたところ、リアム・ギャラガーは「イタリアだと俺は思うね」とツイートしている。

イタリアはグループAで既に3試合を行っており、無失点で3連勝を収めてグループ首位でラウンド16進出を決定している。イタリアはラウンド16でグループCの2位と当たることとなる。

先日、リアム・ギャラガーはヘンリー王子に苦言を呈したノエル・ギャラガーを批判している。

弟のリアム・ギャラガーと疎遠な関係が続いているノエル・ギャラガーは「なんでもベラベラ喋る」弟を持つことについてウィリアム王子に共感すると語っていた。

これを受けて、リアム・ギャラガーはツイッターのフォロワーからノエル・ギャラガーが今なおロックンロールだと思うかと訊かれて、次のように応じている。「そうした日々は完全に終わったよな。あいつは見た目も振る舞いもトニー・ブレアみたいだ」

リアム・ギャラガーは次のように続けている。「人々にはそう思われたいみたいだけど、あいつは最上級の堅物なんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ