GETTY

Photo: GETTY

マライア・キャリーはエミネムとの関係について歌ったと噂されている2009年発表の“Obsessed”に関連してエミネムの格好をした動画をTikTokで公開している。

マライア・キャリーはTikTokで鏡を拭いて一瞬で容姿が変化する動画「ワイプ・イット・ダウン」を公開しており、寝る前の格好から着飾ったシンガー、そしてスリム・シェイディへと变化するものとなっている。マライア・キャリーは“Obsessed”のミュージック・ビデオに登場する顎ヒゲを生やしたラッパーの格好をしている。

マライア・キャリーは動画で10年以上にわたって噂されているエミネムとの関係を揶揄しており、エミネムは2人が6ヶ月にわたって交際していたと主張している。しかし、マライア・キャリーは交際を否定しており、2009年発表の『メモワール』に収録の“Obsessed”でエミネムが彼女に執着していたことを示唆していた。

@mariahcarey

I was so obsessed with wiping things down last year 😂 ##lockdown ##obsessed

♬ original sound – Mariah Carey

2009年6月19日に“Obsessed”がリリースされた後、エミネムはドクター・ドレーのプロデュースした“The Warning”をリリースしており、交際を否定するマライア・キャリーを批判している。

エミネムは2019年のファット・ジョーの曲“Lord Above”でもマライア・キャリーと元夫のニック・キャノンを批判していた。

先日、マライア・キャリーはジェイ・Zと激しい確執があるとする報道を強く否定している。

マライア・キャリーは今後についての「激しい」やりとりのためにジェイ・Zによるロック・ネイションとの4年間に及ぶマネージメント契約が終了したと報じられていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ