Magdalena Wosinska

Photo: Magdalena Wosinska

フー・ファイターズはディー・ジーズ(Dee Gees)名義で次回作を来月リリースすることを発表している。

フー・ファイターズはソーシャル・メディアでレコード・ストア・デイ2日目の7月17日にディスコ色の強いアルバム『ヘイル・サタン』をリリースすることを明かしている。

「ディー・ジーズを紹介するよ。『ヘイル・サタン』が7月17日に地元のレコード・ストアや近くのダンス・パーティーにやってくるんだ」とバンドはツイートしている。

昨年リリースされた『メディスン・アット・ミッドナイト』に続くアルバムはスタジオ606でレコーディングされ、ディー・ジーズ名義でリリースされる。

10曲が収録されるアルバムにはビー・ジーズのカヴァーやアンディ・ギブの“Shadow Dancing”、『メディスン・アット・ミッドナイト』のライヴ音源5曲などが収録される。

トラックリストは以下の通り。

01 ‘You Should Be Dancing’
02 ‘Night Fever’
03 ‘Tragedy’
04 ‘Shadow Dancing’
05 ‘More Than A Woman’
06 ‘Making A Fire’
07 ‘Shame Shame’
08 ‘Waiting On A War’
09 ‘No Son Of Mine’
10 ‘Cloudspotter’

今年2月、フー・ファイターズはチャリティ生配信でアンディ・ギブの“Shadow Dancing”をカヴァーしていた。

先日、フー・ファイターズは対面でのライヴを現地時間6月15日に1年以上ぶりに行っている。

フー・ファイターズはカリフォルニア州アゴーラ・ヒルズにある600人収容のキャニオン・クラブで公演を行っており、ワクチンを打ち終えた観客が参加している。フー・ファイターズはニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンで公演を行うことも決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ