Jordan Hemingway

Photo: Jordan Hemingway

ウルフ・アリスは新作『ブルー・ウィークエンド』より“Lipstick on the Glass”のミュージック・ビデオが公開されている。

“Lipstick on the Glass”はアルバムの3曲目に収録されている楽曲で、ミュージック・ビデオは一連の映像第3章として公開されている。

今回公開された映像は“Delicious Things”のミュージック・ビデオに続くもので、バンドはタクシーを降りて、誰もいないストリートを歩くものとなっている。ヴォーカリストのエリー・ロウゼルはショッピング・ウィンドウの女性に惹きつけられるものとなっている。

“Lipstick on the Glass”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Lipstick on the Glass”はアルバムから公開された7曲目のミュージック・ビデオとなっている。アルバムにはまだミュージック・ビデオが公開されていない曲が4曲残っている。

ミュージック・ビデオはすべてジョーダン・ヘミングウェイが監督しており、彼はイヴ・トゥモアのミュージック・ビデオやグッチやナイキのCMを手掛けている。

ウルフ・アリスはこれらの映像について次のように述べている。「昨年の冬にみんなの目を楽しませる映像を作り始めたんだけど、ジョーダン・ヘミングウェイが監督したこの美しい映像で『ブルー・ウィークエンド』の音楽に命を吹き込みたかったの」

先週、ウルフ・アリスは新作『ブルー・ウィークエンド』で初の全英アルバム・チャート1位を記録している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ