Matt Crockett

Photo: Matt Crockett

ノエル・ギャラガーオアシスのネブワース公演を追ったドキュメンタリー作品について自身の見解を語っている。

1996年8月に行われたネブワース公演から25周年を記念して公開されるこの新作ドキュメンタリーについてノエル・ギャラガーは先日BBCラジオ2のゾーイ・ボールに「当時撮影したものの未公開となっている映像をたくさん使ったものとなる」と語っていた。

今回、アップル・ミュージックのマット・ウィルキンソンとのインタヴューでノエル・ギャラガーは初めて観た時に感動したと語っており、感情的になってしまったことを認めている。

「そう、あれがものすごいんだよ」と彼は語っている。「観てすごく感情的になってしまったよ。サウンドが素晴らしいんだよね。リアムは間違いなくピークで、見た目も服も素晴らしいし、音が最高なんだよ。もちろん、バンドに近いものになっていて、誰とも違う形で楽しめると思うよ」

彼は次のように続けている。「でも、一歩下がって観ていたんだけどさ。『なんてこった。信じられないよ。俺たち、演奏できているんじゃないか』って感じでね。『あのギター、俺が弾いているのか?』と思ったよ。というのもギターについては少し衰えて、今じゃ歌うのとコード弾きしかしないからね。あの夜は燃えていたんだよね」

ノエル・ギャラガーはネブワースのライヴが今後どこかでライヴ盤としてもリリースされることも明らかにしている。

インタヴューでノエル・ギャラガーは2009年のオアシス解散を発表する声明について自分が書いたものではないことを明かしている。彼は署名しただけだという。

「俺が書いたわけじゃないんだ。違うんだよ」と彼は認めている。「すごく怒っていたからな。ストレスフルな時だったね。俺はこういう人間だからね。脱退する時も何も言うことはなかったんだ。マネージメントに『ファンに言うことは何もない?』と訊かれて、『言うことはないね。終わったんだ』と思ったよ」

彼は次のように続けている。「飛行機に乗って、南フランスに行ったんだ。そこにサラと子どもたちがやってきたんだ。子どもたちがそこに着いた時に『これに署名をもらえますか?』と言われたんだよ。もし俺が声明を書いていたら、ものすごく長くなっていただろうね」

先日、ノエル・ギャラガーは2025年にバックカタログの権利を売却することを考えていると語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ