GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはかつて確執のあったルイス・キャパルディと今は友人であることを明かしている。

2019年にノエル・ギャラガーはここ数年の間に自身が書いていたらよかったと思うような楽曲はあったかと訊かれたノエル・ギャラガーはそのなかで次のように答えていた。「今の音楽は自己満足でしかないよ」

「キャパルディっていうのは誰なんだ?」と彼は続けている。「このアホみたいな奴は一体誰なんだよ?」

今回、ノエル・ギャラガーは最近のルイス・キャパルディとの関係について語り、「いい奴だよ」と評している。

彼は次のように語っている。「ラジオのインタヴューで冗談を飛ばしたんだ。『こいつは誰だ? どうやって俺よりセールスを上げているんだよ』ってね」

「それが一人歩きしてしまったんだ。でも、彼と何度か会ってね。いい奴だよ。あの時だって彼は娘の友達でね。彼女はなんで彼のことをこき下ろすの?と言っていたよ」

しかし、ノエル・ギャラガーはルイス・キャパルディの成功についてオアシスの成功とは較べものにならないと考えていることを明かしている。ルイス・キャパルディのデビュー・アルバム『ディヴァインリー・アンインスパイアード・トゥ・ア・ヘリッシュ・エクステント』は44万枚を売り上げ、2020年で最も売れたアルバムとなっている。

「彼のことはまったく気にしちゃいないんだ。彼のアルバムを聴いたこともないしね。でも、44万枚だって? くそったれ、オアシスだったら1日でそれぐらい売ってるよ」

ノエル・ギャラガーはハイ・フライング・バーズ期の10年を振り返るベスト盤『バック・ザ・ウェイ・ウィー・ケイム:Vol 1 (2011-2021)』をリリースしている。

先日、ノエル・ギャラガーは2011年発表のソロ・デビュー作『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』が「次のオアシスのアルバム」になるはずだったことを明かしている。

「オアシスの最後のツアーで“If I Had a Gun”、“Everybody’s On the Run”、“(I Wanna Live In A Dream In My) Record Machine”を書いたんだ」と彼は振り返っている。

「“AKA… What a Life!”が最後に書いた曲だった。あれがソロ・アーティストとしての自分の誕生だったんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ