GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはイギリス王室を批判しているヘンリー王子について「意識の高い神経質な奴」と批判している。

弟のリアム・ギャラガーと疎遠な関係が続いているノエル・ギャラガーは「なんでもベラベラ喋る」弟を持つことについてウィリアム王子に共感すると語っている。

「ウィリアム王子、あいつのつらさが分かるよ」と彼は『ザ・サン』紙に語っている。「必要でもないことをなんでもベラベラ喋る弟がいるっていうね。俺もずっとウィリアム王子だったんだって思いたいね」

ヘンリー王子と妻のメーガン妃はオプラ・ウィンフリーとのインタヴューでイギリス王室制度を批判していたが、ノエル・ギャラガーは「自分の家族の悪口を言う」ことについてヘンリー王子を批判している。

ノエル・ギャラガーは「口をつぐむ」べきだとして、その理由について次のように語っている。「ヘンリー王子は典型的な意識の高い神経質な奴の印象があるだろ。アホだよな。自分の家族の悪口を言うなよ。そんな必要ないんだから」

メーガン・マークルについても彼は次のように述べている。「アメリカ人が関わると、こういうことになるんだよ。簡単なことだよな」

ノエル・ギャラガーはヘンリー王子と会ったことはないにもかかわらず、オーストラリア・メディアの取材でも「ヘンリー王子がどれだけ嫌な奴か」の質問ばかりだったと続けている。

先日、ノエル・ギャラガーは新型コロナウイルスのパンデミックに対する対応についてボリス・ジョンソン首相を「デブのクソ野郎」と批判している。

また、ノエル・ギャラガーは新型コロナウイルスのワクチンの1回目を受けたことを明かしつつも、他の人にワクチンを打つように呼びかけている有名人を批判している。

ノエル・ギャラガーは『ラジオ・タイムズ』に出演して、最初は接種を拒否していたものの自分の医師に「バカ」と言われたことを明かしている。

ノエル・ギャラガーは先日、本日リリースのベスト盤より2曲目の新曲“Flying On The Ground”が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ