GETTY

Photo: GETTY

マニック・ストリート・プリーチャーズは最新シングル“Orwellian”のミュージック・ビデオが公開されている。

先月公開された“Orwellian”は9月3日にリリースされる来たるニュー・アルバム『ザ・ウルトラ・ヴィヴィッド・ラメント』からの最初の楽曲となっている。

マニック・ストリート・プリーチャーズは本日キーラン・エヴァンスが監督を務めた“Orwellian”のミュージック・ビデオが公開されており、楽曲を「映像として解釈したもの」と評されている。

「このアルバムのプロジェクトについては計画されていたプロモーション・ビデオやショート・フィルムの両方で実験的アプローチがなきゃいけないとニッキー・ワイアーと僕で考えたんだ」とキーラン・エヴァンスは述べている。

「“Orwellian”のミュージック・ビデオも“ヴィジュアル化”バージョンと言っているんだよね。厳密にはプロモーション・ビデオじゃなくて、もっと曲を映像として解釈したものなんだ」

「この映像を作るためにバンドや今回のためにデザインしたダイアモンド・ライトの映像だけでなく、個人的に過去に撮りためた映像も使っているんだ」

「映像の取捨選択や色の度合いについては歌詞が大きな影響を与えていて、心を掴まずにはいられない曲のテーマを繁栄したヴィジュアル・ストーリーを組み立てることができたんだ」

マニック・ストリート・プリーチャーズは9月にUKツアーを行うことが決定しており、医療従事者が無料で入場できるライヴも9月に延期されることが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ