GETTY

Photo: GETTY

マライア・キャリーはジェイ・Zと激しい確執があるとする報道を強く否定している。

マライア・キャリーは今後についての「激しい」やりとりのためにジェイ・Zによるロック・ネイションとの4年間に及ぶマネージメント契約が終了したと報じられていた。

しかし、今回マライア・キャリーはその報道を否定している。「ホヴァと“激しい”状況にあったのは唯一クリエリティヴ面でのことで、1位を獲得した“Heartbreaker”のことね」と彼女は1999年発表のヒット曲のミュージック・ビデオと共にツイートしている。

「こんな嘘を言う人には『バカね。立ち去れ、クソ野郎』と言っておくわ」とマライア・キャリーは“Izzo (H.O.V.A)”の一節を引用している。

『ザ・サン』紙の記事によれば、マライア・キャリーは「2人のスーパースターによる激しい口論」の末にロック・ネイションを辞めるとのことで、今後数週間のうちに正式に離れることになると報じられていた。

「マライアは既に別のマネージャーと話をしており、次のステップに踏み出すにあたって完全な信頼を置ける人物を見つけたと思っています」と情報筋は語っている。

「R&Bの影響を強く受けたアルバムが今は完成しようとしているところで、来年はワールド・ツアーを計画しています。彼女はこれを邪魔させたくはないのです」

『ザ・サン』紙の記事ではロック・ネイションのウェブサイトに既にマライア・キャリーの名前がないことも指摘されている。

今年3月、マライア・キャリーは昨年刊行した回想録の内容をめぐって疎遠な兄から訴えられている。

モーガン・キャリーは回想録『ザ・ミーニング・オブ・マライア・キャリー』で暴力的な男性かのように描かれたと主張している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ