GETTY

Photo: GETTY

亡くなったスコット・ウェイランドのツアー・バスで、更なる薬物が発見されたと伝えられている。

「TMZ」が入手した警察の捜査令状のコピーによると、少なくとも二袋のコカインがミネソタ州の車両から発見されたという。

他にも、ザナックス、メーカーが違う2種類の睡眠薬、ブプレノルフィン、合成オピオイド鎮痛剤、バイアグラと、双極性障害や統合失調症の治療に使われるジプラシドンを所持していたと伝えられている。スコット・ウェイランドは2001年に双極性障害であると診断されている。また、ツアー・バスの中では緑色の葉のついた物質も発見されている。

スコット・ウェイランドのバンド、ザ・ワイルドアバウツのベーシストであるトミー・ブラックは、スコット・ウェイランドの死によって警察の捜査を受け、コカインの所持で逮捕されている。彼はロサンゼルスのライヴハウス、ヴァイパー・ルームの支配人で、ブルーミントン警察署に勾留されており、保釈金をまだ支払っていない。

スコット・ウェイランドは先週の金曜日、12月4日にミネソタ州のツアー・バスのなかで亡くなっている。死因についてはまだ確定していない。スコット・ウェイランドの遺体の近くで少量のコカインが発見されたという。

一方、亡くなったスコット・ウェイランドの元妻が心のこもった公開書簡を発表し、家族とスコットの壊れた関係について語り、ファンに対して彼の死を「悲劇として美化しない」ように訴えている。

メアリー・フォースバーグは「彼の素晴らしい才能を貶めるようことはするつもりはない」としながらも「社会として助長する限り、このようなことがもう一度起きることを誰かが進んで指摘しなければならない」と続けている。彼女は、2000年から2007年までスコット・ウェイランドと結婚していた。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ