GETTY

Photo: GETTY

ジョージ・ハリスンはリリースから40周年を記念して“All Those Years Ago”のミュージック・ビデオがYouTubeで公開されている。

“All Those Years Ago”は1981年5月11日にリリースされた楽曲で、1980年12月にジョン・レノンが殺害されたことを受けて追悼としてリリースされた楽曲となっている。

“All Those Years Ago”にはリンゴ・スターポール・マッカートニーも参加しており、3人が揃うのはザ・ビートルズ以来となっていた。

“All Those Years Ago”のミュージック・ビデオはこちらから。

先日、ザ・ビートルズのコラボレーターとして知られるクラウス・フォアマンはジョージ・ハリスンと初めて会った時のことを振り返っている。

クラウス・フォアマンは1960年にハンブルクのカイザーケラーでザ・ビートルズと出会ったと語っている。「初めてジョージに会った時、彼は弱冠17歳だったんだ。後のジョージとはまったく違っていたね。生意気なガキでさ。彼のいたバンドはまったくの無名だったんだ」

彼は次のように続けている。「ジョージは面白おかしい曲を歌っていたよ。後にも少しやるようなね。くつろぎながらウクレレを弾いていた。“I’m Henery the Eighth, I Am”みたいな曲をコックニー訛りで歌っていたんだ。あとは、“Twenty Flight Rock”みたいなエディ・コクランの曲なんかを歌っていたね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ