GETTY

Photo: GETTY

かつてマンチェスター・ユナイテッドの選手だったパトリス・エヴラはUEFAチャンピオンズ・リーグでマンチェスター・シティが敗北したことを受けて、ノエル・ギャラガーリアム・ギャラガーをツイッターでからかっている。

ノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーがファンであることで知られるマンチェスター・シティはUEFAチャンピオンズ・リーグの決勝でチェルシーに1対0で敗れている。

パトリス・エヴラはリアム・ギャラガー風のかつらとサングラスを身に着けた動画をツイッターに投稿している。“Wonderwall”を歌いながら、パトリス・エヴラは次のように語っている。「リアム、どこにいる? マンチェスター・ユナイテッドが負けた時、俺のことを笑ったのを覚えているか? 今度はお前の番だ」

「嫉妬しないでくれ。言いたいのは今日は特別な月曜日だってことでさ。そして、マンチェスターはブルーだというのは止めてくれ。お前らのクラブ全体より俺のほうがトロフィーを持っているよ」

動画はもう一度“Wonderwall”を歌って終わっており、歌詞を変えている。「Maybe you’re gonna win it when I’m 90/ And after all you’re my noisy neighbour(俺が90歳になったら勝てるかな。結局お前らは騒がしい隣人なんだ)」

リアム・ギャラガーとパトリス・エヴラはマンチェスター・ユナイテッドがトッテナム・ホットスパーに6対1で敗れた時にツイッターでやりとりをしている。パトリス・エヴラはスカイ・スポーツでこの試合にコメントしており、試合後「本当に怒っている」と語っていた。

リアム・ギャラガーは「パトリス・エヴラ、分かるだろ」とツイートしており、それにパトリス・エヴラは次のように応じている。「分からないね。シティはチャンピオンズ・リーグで優勝しないね。あなたの音楽は尊敬しているけどさ。試合前に“Wonderwall”をかけてたら、マンチェスター・ユナイテッドの選手とケンカになりかけたこともあったんだ」

現時点でリアム・ギャラガーとノエル・ギャラガーはパトリス・エヴラは反応を示していない。

一方、リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーが先日オアシスの再結成について1億ポンド(約154億円)のオファーであればやると発言したのに対して、自分はタダでもやると語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ