GETTY

Photo: GETTY

ザ・ウィークエンドは『アフター・アワーズ』期が終わり、新曲がリリースされることを示唆している。

ザ・ウィークエンドは通算4作目となる『アフター・アワーズ』を2020年3月にリリースしているが、現地時間5月23日に行われたビルボード・ミュージック・アウォーズの授賞式で『アフター・アワーズ』期が終わったと語っている。

『アフター・アワーズ』によるトップR&Bアルバム賞を含め、全部で10部門で賞を獲得したザ・ウィークエンドは受賞スピーチで「これ以上あの赤いスーツを着なくていいことを神に感謝したい」と発言している。

ザ・ウィークエンドは今年2月のスーパーボウルのハーフタイム・ショウを含めここ1年にわたって『アフター・アワーズ』期に赤いスーツを身にまとってきた。

ザ・ウィークエンドは授賞式でトップ・ホット100賞も受賞しており、その受賞スピーチで現在はキャリアの新章に取り組んでいることを示唆している。

「伝えたいのは『アフター・アワーズ』は終わりで、夜明けが近づいていることなんだ」と彼は語っており、ザ・ウィークエンドの新曲がまもなくリリースされる可能性があることをほのめかしている。

ザ・ウィークエンドは今年のビルボード・ミュージック・アウォーズの授賞式で“Save Your Tears”を披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

ザ・ウィークエンドは今月開催されたブリット・アウォーズの授賞式でもリモートでパフォーマンスを披露している。パフォーマンスにはスーパーボウルのハーフタイム・ショウで音楽監督を務めたワンオートリックス・ポイント・ネヴァーが参加している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ