GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズのデイヴ・グロールはロックの殿堂入りの式典でジョーン・ジェットとマイリー・サイラスと一緒にハイになった時のことを振り返っている。

フー・ファイターズが今年ロックの殿堂入りを果たすことになったのを受けて米『ローリング・ストーン』誌でデイヴ・グロールは2015年にジョーン・ジェットが殿堂入りを果たした際にマイリー・サイラスと共に大量なマリファナを吸ったと振り返っている。

「覚えているけど、上の階に行ったんだ。式典があまりに長くなりそうだったからね」とデイヴ・グロールは語っている。

「幸運なことにジョーン・ジェットのパフォーマンスは式典の最初だったんだ。パフォーマンスをやってから数時間が経っていたから、楽屋に行って飲み始めて、結局ジョーン・ジェットとマイリー・サイラスとジョイントを吸い始めたんだ」

「下の階に戻ったんだけどさ。ほとんどマリファナは吸わないから、見回していたら、ジェリー・リー・ルイスをじっと見ていたんだ。あの時のことを表す言葉が見つからないよ。完全にブッ飛んでいたんだ」

デイヴ・グロールはその後、豪華スターの共演に誘われて、事態はより複雑になったと語っている。

「式典の最後でリンゴ・スターが受賞したんだ」とデイヴ・グロールは語っている。「プロデューサーが走ってきて俺を見つけて、“With A Little Help From My Friends”のフィナーレで歌ってほしいと言ってきたんだ」

「走ってきて『デイヴ! デイヴ! ステージにあと2分でいかないと。大きなフィナーレをやるんだ』と言ってきてね。ステージに立つなんて想像もできなかったよ。出ていったんだけど、ハイだったから、スティーヴィー・ワンダーに隠れたんだ」

デイヴ・グロールは2014年にニルヴァーナで殿堂入りを果たしたのに続いて、2021年にフー・ファイターズで2度目の殿堂入りを果たすことになる。

「ひっちゃかめっちゃかだからね」と彼はマリファナによる奇行について語っている。「今年はこんなことにしないよ。それは間違いないね」

デイヴ・グロールは現地時間5月24日に放送の『ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン』で司会を務めることが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ