GETTY

Photo: GETTY

オリヴィア・ロドリゴはデビュー・アルバム『サワー』にテイラー・スウィフトが共作者としてクレジットされていることが明らかになっている。

これはコラボレーションではないものの、“1 Step Forward, 3 Steps Back”にはテイラー・スウィフトと共作者のジャック・アントノフがクレジットされている。これは2017年発表の『レピュテーション』の最後に収録されている“New Year’s Day”のメロディーを挿入したためとなっている。

一部のファンはオリヴィア・ロドリゴが“New Year’s Day”をサンプリングしたと考え、その場合、権利料は音源を管理するビッグ・マシーン・レコーズに行くことになると早とちりしている。ビッグ・マシーン・レコーズとテイラー・スウィフトの間には音源の所有権をめぐって2019年から確執が生まれており、テイラー・スウィフトは初期の6作を再レコーディングすることを決めている。

また、オリヴィア・ロドリゴがまだ公開されていない“New Year’s Day”の再レコーディング・バージョンをサンプリングしたのではないかという推測も浮上していた。しかし、どちらでもなく、オリヴィア・ロドリゴは“New Year’s Day”のメロディー要素だけを使っており、テイラー・スウィフトとジャック・アントノフは楽曲の出版権は所有しているため、オリヴィア・ロドリゴに許可がだされている。

また、テイラー・スウィフトのファンは曲名の“1 Step Forward, 3 Steps Back”がテイラー・スウィフトのラッキーナンバーである「13」を示唆していることにも言及している。

オリヴィア・ロドリゴは『NME』のインタヴューでソングライターとして真剣に受け止めてもらえるようになりたいと語っている。

「“Drivers License”で多くの人が『聴いたことがなかったけど、この曲は気に入ったよ』ってなってくれたわけだけど、これって夢だったの。ソングライターとしての新たな紹介になったんじゃないかな」

「自分のことはまずソングライターだと考えているの。みんなもそう認識し始めてくれて、嬉しいわ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ