GETTY

Photo: GETTY

ポール・ウェラーは最新作『ファット・ポップ』以降、アルバムを作るかは分からないと語っている。

ポール・ウェラーはティム・バージェスによる通算16作目となる『ファット・ポップ』のツイッター・リスニング・パーティーに参加している。ティム・バージェスは新型コロナウイルスのロックダウンを受けて、ツイッター・リスニング・パーティーを始めている。

ポール・ウェラーはあるスレッドで次のように述べている。「このアルバムの後、次のアルバムを作るかは分からない。現時点で言うのは難しいね。通算16作目のソロ・アルバムなんだけどさ。信じられないよ」

「アルバムを完成させた後はよく思うんだ。最近はアルバムを作って出すのもいろんなことがあるからね」

続くツイートでポール・ウェラーは次のように説明している。「ここ数年で音楽ビジネスは大きく変わってしまったからね。もうこれ以上受け入れられないよ」

「ありがたいことに今なお素晴らしい音楽が作られ、それは今後も続いていくことは確信している」とポール・ウェラーは続けている。「でも、概してストリーミングやダウンロードの前に僕らがやっていたような音楽に人々はお金を使ってくれないと思う」

その後、ポール・ウェラーは最新作『ファット・ポップ』への反応は「素晴らしい」と述べている。「だから、僕や僕らがちゃんと仕事がしていることを願うよ」

「総じてアルバムは力強いものになっていると思うし、曲に多くの時間を費やしたんだ(労力もね)。歌詞やアレンジの面でもできるだけタイトにしようとしたんだよ」とポール・ウェラーは語っている。

先日、ポール・ウェラーは以前の飲んでいた時よりも「音楽から多く」を得ていると語っている。「自分の音楽からだけじゃなく、すべての音楽からね。自分にとってより大切なものとなっていて、心や魂に直接的に響くんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ