PRESS

Photo: PRESS

R.E.M.はデビュー・シングル“Radio Free Europe”の40周年を記念して再発することを発表している。

1983年バージョンの“Radio Free Europe”はファンによく知られているが、1981年のオリジナル・バージョンが7月23日に再発される。

R.E.M.にとって最初期の楽曲の一つである“Radio Free Europe”はR.E.M.の初期作品を手掛けたプロデューサーのミッチ・イースターによってガレージでレコーディングされている。

再発盤はクラフト・レコーディングスから45回転盤のシングルとしてリリースされ、マイケル・スタイプの写真がジャケットには使用されている。

このシングルはバンドの出身地であるアセンズのキンダーコアでプレスされる。カセットテープもリリースされ、オリジナルのコピー機で作ったアートワークとマイケル・スタイプによる手書きの文字も再現される。

REM1981reissue1

REM1981reissue

R.E.M.の公式サイトではレコーディング・ザ・マスターズが製造した世界限定500台のカセット・プレイヤーも発売される。

‘Radio Free Europe (Original Hib-Tone Single)’ tracklist:
Side A
‘Radio Free Europe’
Side B
‘Sitting Still’

‘Cassette Set (1981 demo tape)’ tracklist:
1. ‘Sitting Still (fast “Polka” version, snippet)’
2. ‘Sitting Still’
3. ‘Radio Free Europe’
4. ‘White Tornado’
5. ‘White Tornado (take 2, aborted)’

先月、マイケル・スタイプはドナルド・トランプ元大統領のアカウントもっと早く凍結しなかったとしてツイッターのCEOであるジャック・ドーシーを批判している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ