GETTY

Photo: GETTY

シカゴで開催されるロラパルーザ・フェスティバルは役所の許可があったことを受けて今年開催されると報じられている。

『ヴァラエティー』誌はロラパルーザが例年の日程である7月29日から8月1日にシカゴのグラント・パークで開催されると報じられている。『ヴァラエティー』誌に情報筋はシカゴの当局がフル・キャパシティ、もしくはそれに近い形での開催を許可しており、来週主催者からの発表があると語っている。

この報道に続いて、主催者のC3プレゼンツは『シカゴ・トリビューン』紙に声明を出している。「シカゴの都市を再開させるにあたって、その進捗を喜んでいます。私たちは市や保険当局と密接に連絡をとって、引き続きフェスティバルの計画を進めており、グラント・パークでロラパルーザを開催することに希望を持っています」

今年3月にペリー・ファレルはワクチン接種の広がりを受けて開催の可能性を示唆していた。

「手に握っているのはパーティーをするための僕のライセンスなんだ」と彼はワクチン受領証を手に語っている。「ロラパルーザでみんなに会えるよ……すぐにね」

昨年のロラパルーザは6月に中止となっており、ラインナップは発表されていなかった。開催予定日に行われたライヴ配信にはアーケイド・ファイア、ブロックハンプトン、H.E.R.、メタリカ、ラン・ザ・ジュエルズらが出演している。

先日、ジャーニーはシカゴで開催される2021年のロラパルーザでヘッドライナーを務めるとギタリストのニール・ショーンが語っていた。

「ラインナップは見てないんだ。知っているのは僕らがヘッドライナーを務めるということだけだよ。約束できるのはバンド内の新たな血と共に、公演前に2週間のリハーサルのために集まった時には新たな別の存在になっていることだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ