Warner Bros.

Photo: Warner Bros.

ジャスティン・ビーバー、レディー・ガガ、BTSが大人気ドラマの復活番組『フレンズ:ザ・リユニオン』に出演することが明らかになっている。

5月27日にアメリカのHBOで放送される一夜限りの番組には上記のミュージシャンのほか、サッカー選手のデヴィッド・ベッカム、『ゲーム・オブ・スローンズ』への出演で知られるキット・ハリントンが出演する。

15人のセレブリティがカメオ出演する予定で、その中にはモニカの元ボーイフレンドであるリチャード・バークを演じたトム・セレック、ジャニス・リットマン・ゴラルニックを演じたマギー・ウィーラーも含まれている。

今回、トレイラーも公開されており、ジェニファー・アニストン、リサ・クドロー、コートニー・コックス、デヴィッド・シュワイマー、マット・ルブランク、マシュー・ペリーが背中を向けて腕を組んで歩くもので、テーマ曲“I’ll Be There For You”のシンプルなバージョンが流れるものになっている。

トレイラー映像はこちらから。

コートニー・コックスはインスタグラムで次のように述べている。「これは毎年起こるものではなく、10年に一度、15年に一度というわけでもありません。私たちの“友人”と再会できる機会を持てたことが有り難いですし、これまで以上のものとなっています」

ジェニファー・アニストンは番組の初期の名台詞「これ以上興奮することってある?」を引用している。

今回の特番はシーズン10で番組が終了した17年後となっている。『フレンズ』は1994年から2004年までアメリカのNBCで放送されていた。

復活番組ではキャストたちは『フレンズ』の役どころを演じるのではなく、台本なしの番組にそれぞれ本人として出演する。

復活番組は2020年2月にゴー・サインが出され、新型コロナウイルスによって制作が遅れていた。

オリジナルの製作総指揮だったデヴィッド・クレーンとマーサ・カウフマンが特別番組には参加している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ