GETTY

Photo: GETTY

ユアン・マクレガーは『スター・ウォーズ』出演に際してノエル・ギャラガーが「最初のライトセーバーのトレーニング」を施したとする冗談について振り返っている。

ユアン・マクレガーはディズニープラスの『スター・ウォーズ』シリーズでオビ=ワン・ケノービ役に復帰するのに先立って『ジミー・キンメル・ライヴ!』に出演している。

オアシスのノエル・ギャラガーはインタヴューであなたに最初のライトセーバーのトレーニングを施したと言っているんですか?」とジミー・キンメルはユアン・マクレガーに尋ねている。

ユアン・マクレガーは次のように答えている。「まあ、あれはノエル・ギャラガーの30歳の誕生日パーティーだったかな。ロンドンの北部で僕らはすごく近いところに住んでいたんだ。パーティーに行ったら、次の日の早朝に庭でライトセーバーのやり合いをやっていたんだ」

「でも、教えてくれたことについてはあんまり覚えてないけどね。ノエルに教えてもらったことはあんまり覚えてないよ。むしろ庭でのケンカという感じだったね」

ジミー・キンメルが冗談で「どっちが勝負に勝ったんですか?」と尋ねると、ユアン・マクレガーは次のように応じている。「僕らのどちらにしても覚えているとしたら驚くね」

先日、ノエル・ギャラガーはロックダウンの時期について語り、「最大の収穫」は彼の書いた音楽だと述べている。

「ロックダウンの日々はどれも嫌いだったよ。それが社会や人々、子どもにもたらしたものも全部ね。最低だったよ」と彼は語っている。「2019年の終わりにムンバイからツアーを終えて戻ってきた時に、パンデミックの前は2023年までオフにしようと思っていたんだ」

「そんな時にパンデミックが起こって、クリエイティヴ面ではベスト盤に入るこれらの曲を仕上げることになって、寝かせてあった曲にも目を向けて、半分は仕上げて、半分はそのままで、新しいアイディアも形にし始めたんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ