GETTY

Photo: GETTY

ドラマーのアレックス・ヴァン・ヘイレンは弟でギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなってから初となる誕生日を迎えたことを受けてメッセージを投稿している。

エディ・ヴァン・ヘイレンは昨年10月にガンとの長い闘病の末に65歳で亡くなっている。

現地時間5月8日に68歳の誕生日を迎えたアレックス・ヴァン・ヘイレンは「ヴァン・ヘイレン・ニュース・デスク」のアカウントを通して、メッセージを発表している。「君のいない初めての誕生日だよ、エディ。もうドラムセットからの眺めは同じじゃないんだね。ヴァン・ヘイレンよ、永遠に」

昨年10月にエディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなった時もアレックス・ヴァン・ヘイレンは「ヴァン・ヘイレン・ニュース・デスク」のアカウントを通して、メッセージを発表していた。

当時、彼は次のように述べている。「やあ、エド。愛しているよ。向こう側で会おう。兄弟よ、アレックス」

今年1月、元ヴァン・ヘイレンのベーシストであるマイケル・アンソニーはエディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなった後にアレックス・ヴァン・ヘイレンと話をしたことを明かしている。

セントルイスのクラシック・ロック・ラジオ局「KSHE 95」の番組に出演したマイケル・アンソニーは息子のウォルフガング・ヴァン・ヘイレンと話をしたかと訊かれて、次のように答えている。「いや、まだウォルフガングと話はできていないんだ。話をしたいとは思わなかったからね。エディが亡くなった直後にアレックス(・ヴァン・ヘイレン)とは少し話をしたけど、みんなにはプライバシーを大切にしてもらいたいと思ったからね。何度かウォルフガングにはショートメールを送ったよ。すべて問題ない。それは確かだね」

息子のウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはマンモスWVH名義で6月にデビュー・アルバムをリリースすることを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ