GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはオアシスによる伝説的なネブワース公演の25周年を記念したドキュメンタリーが公開されることを明らかにしている。

ノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーは2009年のオアシスの解散以降、疎遠な関係が続いているが、2人は「映画製作活動」を行うコズミック・カイトという会社を設立していた。

これを受けて伝記映画が製作されるのではないかと噂されていたが、ノエル・ギャラガーは今回、1996年8月に2晩で28万人に向けて行ったネブワース公演のドキュメンタリーが製作されることを明かしている。

BBCラジオ2のゾーイ・ボールにノエル・ギャラガーはドキュメンタリーが当時撮影したものの未公開となっている映像をたくさん使ったものとなると語っている。

「映画会社については伝記映画の報道がたくさんあったけどさ。もちろん、違うんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。

「オアシスのネブワースのライヴは8月で25年になるけど、プロによって多くのカメラで撮影していたんだ。ファンの電車もカメラで撮影していたんだよ」

「でも、何らかの理由があって、映像が出ることはなかったんだ。でも、25周年になるから今回リリースすることにしたんだ」

「ちょっとトレイラーを観たけど、インターネットの前の過ぎ去った時代の素晴らしい記録になってるんだ。素晴らしいんだよ。本当にね」

ノエル・ギャラガーはこれ以上の詳細を明かすことはなかったものの、オアシスはネブワースでの2公演についてファンからの思い出を募集している。

今年2月にオアシスの公式サイトでは「特別な何か」のためにファンからネブワースの写真や動画、思い出の品などを募集していた。

一方、ノエル・ギャラガーはハイ・フライング・バーズ時代のベスト盤をリリースすることを発表している。

ベスト・アルバム『バック・ザ・ウェイ・ウィー・ケイム:vol.1 (2011-2021)』は6月11日にリリースされる。同作には2曲の新曲が収録され、そのうちの1曲“We’re On Our Way Now”が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ