PRESS

Photo: PRESS

ボン・ジョヴィは現地時間5月22日に「アンコール・ドライブイン・ナイツ」で独占ライヴ映像が上映されることが決定している。

「アンコール・ドライブイン・ナイツ」の2020年版ではメタリカやブレイク・シェルトン、グウェン・ステファニー、ケイン・ブラウンによる独占のライヴ映像が上映されており、新型コロナウイルスで対面のライヴが難しい中で多くの観客にエンタテインメントを提供している。

今回、2021年の「アンコール・ドライブイン・ナイツ」第1弾としてボン・ジョヴィの映像が上映されることが決定している。ライヴ映像はアメリカやカナダにある約300ヶ所のドライブインや屋外シアターで上映され、世界各地の屋内会場でも上映される。

先日、ジョン・ボン・ジョヴィは長期のツアーには気が向かないと新たなインタヴューで語っている。

ボン・ジョヴィは昨夏にツアーを行う予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックのためにツアーを中止しており、チケットは払い戻しとなっている。

ジョン・ボン・ジョヴィはゲイリー・ケンプとガイ・プラットによるポッドキャストに出演して、ツアーに対する今の気持ちについて語っている。

「今から1年前にオーストラリアでライヴをすることについて話をしたんだけどさ。楽しい形でやれる限りは、いくつか公演をやってみたいと思ったんだ。というのも、もう100公演のツアーをやることは考えてないんだよね。僕としてはそういうのは気が進まないんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ