GETTY

Photo: GETTY

ブライアン・ウィルソンは今年のトライベッカ映画祭でドキュメンタリーが初上映されることが決定している。

トライベッカ映画祭は今年で20回目で6月9日〜20日にわたってオンラインで開催される。

ブライアン・ウィルソンは公式ツイッターでキャリアを追った彼の楽曲と同名のドキュメンタリー『ロング・プロミスド・ロード』がトライベッカ映画祭のラインナップに加わることを発表している。

トライベッカ映画祭ではモーガン・ネヴィル監督による有名シェフのドキュメンタリー『ロードランナー:ア・フィルム・アバウト・アンソニー・ボーデイン』も上映される。同作は「アンソニー・ボーデインをその人生が多くの人を感動させたスーパースターにしたエネルギーや好奇心、深い人間性」を追ったものになっているという。

映画祭ではイラナ・グレイザーの『ファルス・ポジティヴ』、ゾーイ・リスター=ジョーンズとダリル・ワインが監督した隔離期間のコメディ『ハウ・イット・エンズ』も上映される。

イライジャ・ウッドはアンバー・シーリー監督によるシリアルキラーのテッド・バンディを描いた映画『ノー・マン・オブ・ゴッド』に出演してプロデュースしている。

昨年、ブライアン・ウィルソンとアル・ジャーディンはマイク・ラヴによるザ・ビーチ・ボーイズがドナルド・トランプ大統領への資金集めイベントに出演することについて自身の関与を否定している。

昨年10月に『ロサンゼルス・タイムズ』紙にマイク・ラヴとツアー・メンバーによるザ・ビーチ・ボーイズはカリフォルニア州オレンジ郡で開催される共和党のイベントに出演している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ