Warner Music

Photo: Warner Music

スウィーティーはドージャ・キャットとの“Best Friend”のリミックスに韓国出身のジェイミーと日本出身のちゃんみなが参加したバージョンが公開されている。

“Best Friend”の最新バージョンはジェイミーとちゃんみながそれぞれ韓国語と日本語でヴァースを足したもので、2人はジャスティン・ビーバーやジミー・チューを引き合いに出して、誇大妄想的なラップを行っている。

ジェイミーとちゃんみなが参加した“Best Friend”はスウィーティーの最近リリースされた数あるリミックスの一つとなっている。スウィーティーはイギリス人のステフロン・ドンが参加した“Best Friend”のリミックスも公開しているほか、ニュージーランド人のジェスBとオーストラリアのオケニョが参加したバージョンも公開されている。

“Best Friend”のオリジナル・バージョンはスウィーティーのデビュー・アルバム『プリティー・ビッチ・ミュージック』に収録される予定で、“Tap In”やジェネイ・アイコ参加の“Back To The Streets”も収録される。

今回のコラボレーションに関してちゃんみなは次のように語っている。「こんなにも楽しくて素敵な作品に呼んでくれた事に感謝をします。みんなと本当にベストフレンドになれたような気持ちになり嬉しかったです。皆さんも是非全世界のベストフレンド達と楽しんでください」

ジェイミーは次のように続けている。「私が親友と一緒にパーティーする時に聴いていた海外のアーティストの曲に、ちゃんみなと一緒に参加出来て感動しています! このコラボレーションは夢のようです。私のファンも喜んでくれると思います。皆さんも私と同じように楽しんでください!」

スウィーティーはグウェン・ステファニーの最新シングル“Slow Clap”のリミックスにも参加している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ