GETTY

Photo: GETTY

スウィズ・ビーツはDMXのお別れの会にカニエ・ウェストに出席してもらうよう声をかけたと報じられている。

DMXはオーヴァードーズによる心臓発作で病院に搬送されて現地時間4月9日に亡くなっている。DMXは亡くなるまで集中治療室で治療を受けていて、享年50歳だった。

DMXはお別れの会が現地時間4月24日にブルックリンのバークレイズ・センターで開催されることが決定している。今回、『ページ・シックス』によれば、スウィズ・ビーツはカニエ・ウェストに出席するよう声をかけたが、カニエ・ウェストはまだ返事をしていないという。

チケットの提供方法や参加できる人数など、これ以上の詳細は現時点で発表されていない。バークレイズ・センターは営業しているが、新型コロナウイルスの制限で収容人数の10%しか入場できない。

カニエ・ウェストはDMXの親しい友人で、2019年3月には自身のサンデー・サービスのパフォーマンスでDMXに協力を求めている。当時の妻であるキム・カーダシアンはその映像をツイッターで公開している。

「あれを礼拝だとは思わなかった。何とも言いようがないね」とDMXは『GQ』誌に語っている。

「楽しかったよね。神がそうしろと言っていることだけどさ。楽しい音を生み出したんだ。楽しかったよ。今後どうなるかは分からないけどさ」

お別れの会に続いてDMXが来月を行う予定だったライヴは追悼イベントとなることも発表されている。このライヴは5月29日にテキサス州で予定されていたもので追悼イベントになることが発表されている。

DMXの死を受けてそのストリーミング数はアメリカで928%の伸びを見せている。4月7日から8日にかけて736万回の再生数であったのに対して、4月9日から10日は7570万回再生されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ