GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストは2018年発表のアルバム『イェー』の再生回数がスポティファイで10億回の大台を突破したことが明らかになっている。

音楽業界のセールスやストリーミングの再生回数を追っている『チャート・データ』がこの事実を発表している。

『イェー』は連続リリースの一環として2018年6月にカニエ・ウェストのG.O.O.D.ミュージックとデフ・ジャムからリリースされている。

カニエ・ウェストによる連続リリースではプシャ・Tの『デイトナ』、ナズの『ナジール』、キッド・カディとのコラボレーション作『キッド・シー・ゴースツ』、テヤナ・テイラーの『K.T.S.E.』といった作品がリリースされている。

カニエ・ウェストはイージーで製作した最初のスニーカーのプロトタイプがオークションに出品されることが決定しており、100万ドル(約1億1000万円)を超える価格が期待されている。

また、カニエ・ウェストはキム・カーダシアンとの離婚調停で4人の子どもの共同親権について合意に達したことが明らかになっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ