GETTY

Photo: GETTY

ABBAのビヨルン・ウルヴァースは近い将来での伝記映画の可能性を否定している。

クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』とエルトン・ジョンの映画『ロケットマン』の成功があったものの、ビヨルン・ウルヴァースは近々にABBAの伝記映画が作られる可能性を否定している。

『BBC ブレックファスト』に出演したビヨルン・ウルヴァースは次のように語っている。「それをやりたいとは思わないな。俳優に銀幕で自分を演じてほしくないことは分かっているからね。僕が生きている間はさ。他のメンバーもやりたいとは思ってないはずだよ」

先日、ビヨルン・ウルヴァースはアヴァターによるツアーを予告し、「非常にABBAらしいサウンドになっている」と語っている。

2017年にABBAは1982年の解散以来初となる「アヴァター」によるデジタルの形式のツアーを2019年に行うと発表していた。

ツアーは延期されているものの、ABBAは2018年に“I Still Have Faith In You”と“Don’t Shut Me Down”という2曲の新曲があることを発表しており、その後新型コロナウイルスでツアーがさらに延期されるなかで5曲の新曲があることを明かしていた。

『ザ・タイムズ』紙の新たなインタヴューでビヨルン・ウルヴァースはアグネッタ・フェルツクグとアンニ=フリッド・リングスタッドの声が今は低くなっているものの、ツアーは「非常にABBAらしいサウンド」になると述べている。

アヴァターの制作過程についてビヨルン・ウルヴァースは「あらゆるアングルから撮影を行って」「カメラの前で険しい表情」をしてしまうことになったと語っている。

「顔にドット単位でペイントをして、頭の大きさも測ったんだ」

また、ビヨルン・ウルヴァースはストリーミング・サービスではソングライターのために公平な支払いが必要だと語っている。

『ガーディアン』紙のインタヴューでビヨルン・ウルヴァースは曲を書いているアーティストからの「クリエイティヴィティ」と「冒険」を求めるなら、新たなロイヤリティのモデルが必要だと語り、現在の「機能不全」のモデルによるプレッシャーをアーティストが受けているとしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ