Mary McCartney

Photo: Mary McCartney

ポール・マッカートニーは様々なアーティストが最新作『マッカートニーIII』の曲を再解釈した『マッカートニーIII IMAGINED』が生まれた経緯を語っている。

『マッカートニーIII IMAGINED』は4月16日にリリースされており、ベック、ドミニク・ファイク、クルアンビン、セイント・ヴィンセント、ブラッド・オレンジ、フィービー・ブリジャーズ、レディオヘッドのエド・オブライエン、デーモン・アルバーン、ジョシュ・ホーミ、アンダーソン・パーク、3D RDNらが参加している。

『ザ・サン』紙のインタヴューを受けたポール・マッカートニーは同作について次のように語っている。「みんなにボーナストラックはあるのかと訊かれて、『ないんだ。まったく。『マッカートニーIII』が大きなボーナストラックみたいなものだからね』と言ったところから始まったんだ」とポール・マッカートニーは語っている。

「それで他の人々に楽曲をリミックスしたり、再解釈してもらうよう頼んでみたら、素敵なアイディアになるかもしれないと思ったんだ」

「トラックが届き始めたのは楽しみだったね。届く度にクリスマスの贈り物のようだった」

「短い説明もしなかったから、何をしてくるのか興味深かったんだ」

「嬉しい形でショックを受けることもあった。というのも、こうすべきだというものはなかったからね」

「ドミニク・ファイクのトラックには本当に驚いたね。彼は自分の歌詞を足していたからね。彼はあの曲を超える内容で、彼の作ったビデオも素晴らしかったね」

先日、ポール・マッカートニーはボブ・ディランのおかげで初めてザ・ビートルズがマリファナを吸った時のことを語っている。

ポール・マッカートニーは60年代を振り返ってボブ・ディランのおかげでザ・ビートルズがマリファナを吸った時のことを振り返っている。

「彼がこれを言ってほしいかどうかは分からないけれど、話してみようか」とポール・マッカートニーは『アンカット』誌に語っている。「1964年8月、ニューヨークのパーク・アヴェニューと59番街ストリートの交差点にあるデルモニコ・ホテルのことだったんだ」

「僕らはホテルの部屋にいたんだけど、スコッチとコーラを飲んでよろしくやっていたんだ。アフターパーティーだったと思う。ディランが着いて、ローディーと部屋に入ってきたんだ。リンゴ・スターがどうしたのか見に行ったら、ディランがいて、マリファナを持っていたんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ