GETTY

Photo: GETTY

アイスド・アースのギタリストであるジョン・シェイファーは1月6日の連邦議会を襲撃した件で2つの罪を認めている。

ジョン・シェイファーは議事妨害や危険な武器(催涙スプレー)を持った建物への侵入の2つを認めている。CNNの報道によれば、3年半から4年半の懲役になるとのことで、検察とジョン・シェイファーの弁護士による共同勧告を出している。

インディアナ州のテレビ局である「WUSA9」によれば、ジョン・シェイファーは現地時間4月9日に罪状認否をするために法廷に出席しており、アミット・メタ裁判官が「事実関係としては有罪ですが、シェイファー氏、罪を認めますか」と尋ねて、ジョン・シェイファーは「はい」と応じている。

アミット・メタ裁判官は今後ジョン・シェイファーの刑期を決める予定となっており、最大で懲役20年となっている。

司法取引がここ数週間の間に行われており、ジョン・シェイファーは武装組織のオース・キーパーズとの関係について問われている。襲撃時にジョン・シェイファーはオース・キーパーズのメンバーであることを示す帽子を被っていた写真が撮影されている。

ジョン・シェイファーは司法取引の中でオース・キーパーズの情報を提供した可能性がある。

ジョン・シェイファーの判決は60日延期されており、審問までは自由の身である予定だった。しかし、判事の命令でジョン・シェイファーは裁判の監督下に置かれ、パスポートは没収されており、裁判関係以外ではワシントンD.C.に入らないことを命じられていた。また、彼は銃を携帯することも許可されていない。

ジョン・シェイファーの事件を受けて、アイスド・アースのヴォーカリストであるステュー・ブロックとベーシストのルーク・アップルトンはバンドを脱退することを発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ