GETTY

Photo: GETTY

マーキュリー・プライズは2021年の授賞式の詳細を発表している。

昨年のマーキュリー・プライズはマイケル・キワヌーカの2019年発表のアルバム『キワヌーカ』が受賞しているが、授賞式は新型コロナウイルスのパンデミックによって規模が縮小されて行われていた。

2021年のマーキュリー・プライズは7月22日に候補作12作が発表される予定となっている。

2021年のマーキュリー・プライズの授賞式はパンデミックに対する政府のガイドラインに従ってロンドンのイヴェンティム・アポロで9月9日に開催される。

BBCミュージックはテレビとラジオで今年のマーキュリー・プライズ授賞式を放送する。

今年のマーキュリー・プライズの受賞資格はリナ・サワヤマの取り組みによって変更されており、昨年リナ・サワヤマはイギリス国籍がないためにノミネートから外れる結果となっていた。

日本で生まれたものの26年間UKで暮らして永住権を持っているリナ・サワヤマはマーキュリー・プライズとブリット・アウォーズの受賞資格の変更について英国レコード産業協会と話し合いを進めて、イギリス国籍がなくても同国で5年以上暮らしたアーティストには受賞資格がある形に変更されている。

「これが私の知っているUKだし、私が育ってきたUKです。多様性を受け止める一つの形です」とリナ・サワヤマは『NME』に語っている。「本当に特別なことだと感じています」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ