YouTube

Photo: YouTube

ジャスティン・ビーバーはドラッグ依存症がひどかった時期に生きているかを確かめるために護衛人が寝室に忍び込まなければならなかったと明かしている。

ジャスティン・ビーバーは昨年13歳の時からマリファナを吸って、錠剤を服用する依存症になっていたことを明かしていた。

『GQ』誌のインタヴューでジャスティン・ビーバーは護衛人が彼が眠っている間に脈を確かめていたと説明している。

「まだもっとと望む感覚があったんだ」と彼は振り返っている。「成功がありつつも『まだ悲しいし、まだつらいことがあって、解決できてない問題がある』という感じだったんだ。成功がすべてを問題なくしてくれると思っていたんだよ」

「キャリアへのヴィジョンをコントロールできなくなってしまったんだ」と彼は続けている。

ジャスティン・ビーバーはさらに次のように語っている。「この業界には他人の不安定な状況を餌食にして、自分の利益に使う人がいるんだ。そういうことをされると怒ってしまうわけでね。夢を抱えた怒れる若者はそうやって世界に疲弊して、なりたくない人間になってしまうんだよ」

「それで目を覚ますと、人間関係はめちゃめちゃになって、不幸せになっているんだ。世界で成功を収めているのに『内面が空っぽなのに何の価値があるんだ?』ってなってしまうんだよ」

「自分にとってドラッグはそれを乗り越えるための麻痺するための薬だったんだ」

現在はドラッグをやっていないジャスティン・ビーバーはこのインタヴューでこうした経験が妻のヘイリーとの結婚生活の最初の1年に影響を与えたと語っている。

「信頼が失われてしまったんだ」とジャスティン・ビーバーは振り返っている。「一緒にいる人に認めたくないことってあるわけでさ。怖いからね。言うことで遠ざけてしまうんじゃないかってね。怖かったんだよ」

先週、ジャスティン・ビーバーは最新作『ジャスティス』をリリースした直後にサプライズEP『フリーダム』をリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ