GETTY

Photo: GETTY

クイーンのドラマーであるロジャー・テイラーは庭に約6mのフレディ・マーキュリーの銅像を建てることを計画しているという。

元々この銅像はクイーンの楽曲を使ったミュージカル『ウィ・ウィル・ロック・ユー』をプロモーションするために造られたもので、ロンドンのドミニオン・シアターに2002年からウェスト・エンドの公演が終わる2014年まで設置されていた。

今回、ロジャー・テイラーはサリーの敷地で大規模なリノヴェーションを行うことを計画しており、その中心となるのが銅像の設置になるという。

『ザ・サン』紙はロジャー・テイラーがプール・ハウス、バー、ジャグジーの設置について許可を申請していると報じている。

「銅像は倉庫にあって、お金がかかっているからね。『トラックに載せて、ここに持ってきたらいいんじゃない? それで庭に設置するというのはどうかな?』と言ったんだ」とロジャー・テイラーは語っている。

「銅像があったらすごく笑えるんじゃないかと思ったんだ。フレディも爆笑してくれるはずだよ」

ギルフォード区議会は計画の申請について来月判断を下す予定だという。

先週、ブライアン・メイはまだセッションからいいものは生まれていないものの、クイーンとしてスタジオで新曲に取り組んでいることを明かしている。

ブライアン・メイとロジャー・テイラーはシンガーのアダム・ランバートと10年以上にわたってライヴを行ってきているが、彼と新曲をレコーディングしたことはなかった。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ