GETTY

Photo: GETTY

レディー・ガガは2013年発表の『アートポップ』を世界各地のiTunesチャートに再度ランクインさせる運動が起こったことを受けて「時代の先を行っていたとずっと思っていた」と語っている。

レディー・ガガは4月13日に『アートポップ・アクトII』のリリースを求めて、ツイッターでは「#buyARTPOPoniTunes」のハッシュタグが拡散されている。

これを受けて世界のiTunesでは『アートポップ』のランキングが上昇しており、アメリカではテイラー・スウィフトの『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』、DMXのベスト盤『ザ・ベスト・オブ・DMX』に次いで3位に入っている。

この運動を受けてレディー・ガガは「心がものすごくあたたかくなったわ」とツイートしている。

「このアルバムを作るのは心臓手術のようだった。必死で、痛みが伴うもので、どんなドラッグよりも激しい強さのエレクトロニック・ミュージックに心血を注いだの」

「アルバムをリリースした後に崩壊してしまったんだけど、かつては破滅のように感じていたものを祝福してくれてありがとう」

「時代の先を行っていたとずっと思っていたの」と彼女は続けている。「年月が経てば、いつかアーティストは分かってくれる。リトル・モンスターたちもね」

先日、レディー・ガガは2013年発表の『アートポップ』の予定されていた続編『アートポップ・アクトII』のリリースを求める署名運動が起こったのを受けて、プロデューサーがレディー・ガガに連絡を取ったことを明かしていた。

「アルバムを提出した日ほど人間としてあそこまで傷つけられたことはなかった」と彼は述べている。「あの時は人生が終わったと思った。誇張じゃなくね」

『アートポップ・アクトII』には『アートポップ』の後にリリースされる予定だった未発表曲が収録されるものと見られるが、これまでは実現していない。

2019年にレディー・ガガはR・ケリーに性的虐待の告発があったことを受けて、『アートポップ』から“Do What U Want (With My Body)”を削除している。

「反抗的で、挑発的なものを作ることを目的としていました。当時の私はまだ怒りを抱えていて、人生で抱えてしまったトラウマをまだ克服できていなかったのです。その曲の名前は“Do What U Want (With My Body)”。当時の私がいかにひねくれた考えをしていたかがハッキリと表れています」

「“Do What U Want”をiTunesや他のストリーミング・サービスから取り下げようと思っていますし、今後、彼と仕事をすることはありません。若い頃に間違った判断をしたこと、そして、声を上げるのが遅れたことを謝罪します。みなさんのことを愛しています」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ