GETTY

Photo: GETTY

AC/DCのフロントマンであるブライアン・ジョンソンは今年自伝『ザ・ライヴ・オブ・ブライアン』を刊行することを発表している。

ブライアン・ジョンソンは2014年発表の『ロック・オア・バスト』以来となった昨年11月リリースの最新作『パワーアップ』でAC/DCのリード・ヴォーカリストに復帰している。

ブライアン・ジョンソンは自伝『ザ・ライヴ・オブ・ブライアン』がペンギン・ブックスから10月26日に刊行されることを発表している。

「長い夜もあったし、素晴らしい夜もあったし、よくない日もあったし、たくさんの素晴らしい日々もあった」とブライアン・ジョンソンは声明で述べている。「コーラス団の少年からロックンロール・シンガーとなった僕は今回そのことについて本を書いたんだ」

「ロックンロールの歴史においても最も励まされる魅力的なストーリーの一つ」と称された『ザ・ライヴ・オブ・ブライアン』はダンストンで育ち、リトル・リチャードをテレビで観て「コーラス団の少年からボーイスカウト、そしてシンガー」になった幼少時代から追ったものとなっているという。

「10年以上にわたってブライアン・ジョンソンはバンドの成功で頭角を現そうとしていました。『トップ・オブ・ザ・ポップ』に出演して、オーストラリアをツアーしましたが、まだ大きな時代は手の届かぬところにありました」

「その後、彼は世界でも最大となるロック・バンドの一つのオーディションでロンドンに呼ばれました。AC/DCはリード・シンガーだったボン・スコットの悲劇的な死によって危機にありましたが、ブライアンが加わることで名作『バック・イン・ブラック』をレコーディングすることになるのです。同作は史上最も売れたアルバムとなりました。その後のツアーは満員のアリーナで行われ、ファンはバンドを支持し、その功績が認められることになったのです」

「しかし、物語は思わぬ展開を迎えます。2016年にブライアンは聴覚を失う可能性があると診断されて、バンドを脱退しなければならなくなったのです。そして、彼は2020年のヒット作『パワーアップ』で愛するバンドに復帰することになります」

「人生は波乱万丈ですが、常にブライアンはしっかりと地に足をつけて、自分のルーツを忘れることはなかったのです」

ブライアン・ジョンソンは最初のトレイラー映像が公開されたデイヴ・グロールのドキュメンタリー『ホワット・ドライヴス・アス』に出演することが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ