PRESS

Photo: PRESS

ザ・フーは1967年発表の『ザ・フー・セル・アウト』が再発されたことを受けて、新たなチャリティのためにハインツとパートナーシップを結んでいる。

『ザ・フー・セル・アウト』のアルバム・ジャケットにはロジャー・ダルトリーがハインツのベイクド・ビーンズの詰まったバスタブに入った写真が使われており、2曲目のタイトルは“Heinz Baked Beans”となっている。

『ザ・フー・セル・アウト』のスーパー・デラックス・エディションが4月23日にリリースされるにあたって、ザ・フーはハインツと提携して、コラボレーションによるベイクド・ビーンズ缶「ビーンズ・ミーンズ・ザ・フー」を発売することが決定している。

イギリスではハインツ製415gの缶詰が1967個販売されるとのことで、そのうちの50缶はロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼントによるサイン入りとなっている。すべての収益はマジック・ブレックファストとティーンエイジ・キャンサー・トラストに寄付される。アメリカでの収益はティーン・キャンサー・アメリカに寄付される。

ベイクド・ビーンズの詰まったバスタブに入った体験についてロジャー・ダルトリーは次のように振り返っている。「あの後、インフルエンザか人生でも最低の風邪をひいてベッドで1週間を過ごすことになったんだ。ベイクド・ビーンズのせいだと思うんだよね。だって、冷蔵庫から出されたもので、ものすごく寒かったんだ」

「20分ほど座っていたら、バスタブの後ろに電熱器を置こうという素晴らしいアイディアを思いついてね。しばらくはよかったんだけど、ベイクド・ビーンズがあたたまって、調理みたいになってしまったんだよ。だから、お尻は焼かれているのに、前のほうは寒いという感じでね。24時間、鼻をぐずりながらベッドに入っていたよ。ベイクド・ビーンズのせいじゃなく、電熱器のせいだと思っているけどね」

先日、ザ・フーのロジャー・ダルトリーはザ・フーの新作をレコーディングする気がしないことを認め、「レコードの市場はもうない」と語っている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ