Sotheby’s / Press

Photo: Sotheby’s / Press

カニエ・ウェストはイージーで製作した最初のスニーカーのプロトタイプがオークションに出品されることが決定しており、100万ドル(約1億1000万円)を超える価格が期待されている。

カニエ・ウェストは2008年2月に行われた第50回グラミー賞授賞式でナイキ製のサンプルを履いていた。

ナイキ・エアー・イージー1は数十億ドルの価値を持つイージーが始まることになった一品で、翌年同ブランドをスタートさせている。カニエ・ウェストはアディダスとパートナーシップを結ぶために2013年にナイキとは決別しており、イージーとアディダスの関係は今日まで続いている。

サザビーは「ナイキ・エアー・イージー1とエア・イージー2は今なおコレクターにとって最も切望されているスニーカーです」と述べており、その結果、プロトタイプはサザビーで販売されたスニーカーとしては最高値をつけることになるという。

「このスニーカーは史上最も重要なスニーカーとライフスタイル・ブランドの一つとなったイージーのフランチャイズの発展にとって決定的な役割を果たしたものです」とサザビーのブラーム・ワクターは述べている。「2008年のグラミー賞授賞式でステージに初登場したこのスニーカーは、謎のスニーカーを特定しようとスニーカーのコミュニティに波紋を起こすことになりました。その後、私たちはカニエ・ウェストとナイキのコラボレーションを目にすることとなり、アディダスとのラインも誕生したのです」

スニーカーは香港のコンヴェンション・センターで4月16日から21日まで展示され、100万ドルを超える価格を付けると見られている。この品に興味のある人はサザビーに直接連絡するよう呼びかけられている。

詳細はこちらから。

https://www.sothebys.com/en/digital-catalogues/kanye-west-grammy-worn-nike-air-yeezy-sample

カニエ・ウェストは先日ドキュメンタリーの権利をネットフリックスが購入したとも報じられている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ