GETTY

Photo: GETTY

ファレル・ウィリアムスは先月ヴァージニア州で警官によって射殺された従兄弟の死について連邦当局の捜査を求めている。

ファレル・ウィリアムスは4月5日に48歳の誕生日を迎えたが、その日は先月銃殺された従兄弟のドノヴァン・リンチの葬儀に出席している。

25歳のドノヴァン・リンチは現地時間3月26日にヴァージニア・ビーチで起きた3つの別の「銃撃戦」で警官によって銃殺されている。今回の事件でドノヴァン・リンチを含め2人が亡くなっており、8人が負傷している。

先日、ファレル・ウィリアムスは従兄弟が警察に銃殺されたことを受けて「透明性と正直さと正義」を呼びかけていた。

「太陽の周りを48周できたことに神に感謝するよ」とファレル・ウィリアムスはインスタグラムで述べている。

「今年の誕生日は象徴的で、初めてのことになった。というのも、葬儀で従兄弟と話をしなければならなかったんだ。感情で胸が詰まるよ。市や州では答えられていない疑問がたくさんある。謹んで連邦当局の捜査を求めたい」

彼は次のように続けている。「恐縮だけど、家族のために祈りを続けてほしい。名前はドノヴァン・ウェイン・リンチというんだ」

ジャスティン・ティンバーレイク、ティンバーランド、プシャ・Tは追悼の意を表しており、ザ・ネプチューンズのメンバーであるチャド・ヒューゴは「祈っている」と述べている。

ドノヴァン・リンチを殺害した警官はビデオ・カメラを身に着けていたものの、スウィッチが入っておらず「理由は不明」なことから議論を呼んでいる。ドノヴァン・リンチを殺害した警官は休職となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ