GETTY

Photo: GETTY

オジー・オズボーンはWWEで殿堂入りを果たした映像が公開されている。

オジー・オズボーンは現地時間4月6日に行われた式典でウィリアム・シャトナーらと共に殿堂入りを果たしている。

オジー・オズボーンは殿堂入りに際してビデオ・メッセージを寄せて、WWEの最高経営責任者であるヴィンス・マクマホンとレスラーのトリプルHに感謝の言葉を寄せている。

オジー・オズボーンはWWEに何度か出演してきていて、最もよく知られているのは1986年の『レッスルマニア2』でキャプテン・ルー・アルバーノと共に登場した場面となっている。2007年の『スマックダウン』ではパフォーマンスを行い、2009年の『ロウ』ではゲスト司会者を務めている。

2020/2021年のWWEの殿堂ではベラ・ツインズ、ニュー・ワールド・オーダー、ケイン、ロブ・ヴァン・ダムが殿堂入りを果たしている。新型コロナウイルスのパンデミックで昨年の式典は中止されていた。

一方、オジー・オズボーンは妻のシャロン・オズボーンが人種差別をめぐる騒動の中で11年出演した『ザ・トーク』から降板したことを受けて彼女を支持すると述べている。

インスタグラムでオジー・オズボーンはオジー・オズボーンが耳を傾ける2人の写真を投稿して、次のように述べている。「お前らの言うことは聞こえないよ。チーム・シャロン」

オジー・オズボーンの最新作は2020年2月にリリースされた『オーディナリー・マン』となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ