GETTY

Photo: GETTY

マイケル・ジャクソンは公共の場所で認識されないために珍しい変装を大量に行っていたと兄のマーロン・ジャクソンが語っている。

マーロン・ジャクソンによれば、マイケル・ジャクソンはホームレスの格好をしていたとのことで、スターダムのために公共の場所での暮らしが不可能となっていたと語っている。

マーロン・ジャクソンは『ガーディアン』紙に次のように語っている。「マイケルは追い詰められていたんだよね。彼にとっては大変なことで、本当に苦労していたんだ。信じられないくらいね。マイケルが外に出たら、数秒で人々は自分のやっていることを止めてしまう感じでね。変装を始めたのはだからなんだ」

レコード店でマイケル・ジャクソンを目撃した時のことを振り返り、彼は次のように語っている。「背後に近づいていって、『マイケル、何をやっているんだい?』と囁いたんだ」

「彼はホームレスの格好をしていてね。服は汚れていて、歯並びが悪くて、アフロにしていたんだよ。靴も汚れていて、シャツは破けていた。でも、おかげで素晴らしいレコードを買えたんだ」

「彼に言ったんだ。『気でも変わったのかい。ずっと同じ靴を履いてたのに』ってね。彼はステージと同じローファーをすっと履いていたんだ」

『ガーディアン』紙のインタヴューで兄弟たちは2009年に50歳でオーヴァードーズによる心肺停止で亡くなったマイケル・ジャクソンの死についても語っている。

「バスでラスベガスに行く度に自分の隣にいるマイケルを目にするんだ」とジャッキー・ジャクソンは振り返っている。「屋外広告で私の隣に彼の顔があったんだ。光のところで車を停めて、『どうだい、兄弟』って話しかけるんだ」

先日、娘のパリス・ジャクソンは子どもの頃に父親と過ごした時間について振り返っている。

「父は私たちにカルチャーの触れさせて、教育を受けさせて、贅沢な五つ星のホテルを回るような派手な部分を見せないようにするのがうまかったわ」

昨年、マイケル・ジャクソンのネヴァーランドは2200万ドル(約24億円)で売却されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ