GETTY

Photo: GETTY

ニルヴァーナのカート・コバーンが亡くなってから27年目となったことを受けてソーシャル・メディアでは追悼の声が寄せられている。

カート・コバーンは1994年4月5日にワシントン州シアトルの自宅で自殺によって27歳で亡くなっている。

カート・コバーンが音楽やポップ・カルチャーに与えた影響は死後も長く続いている。命日を受けてファンは写真や逸話など、追悼の声が寄せられている。

「1994年4月、私はまだ7歳にもなっていなかった。あなたの音楽とアティテュードがその後の人生でここまでの癒やしと救いになるとは分かっていなかった」とあるファンはツイートしている。「カート・コバーンはニルヴァーナの音楽を聴いている人の頭と心の中で永遠に生き続ける」

別のファンは次のようにツイートしている。「27年前の今日、レジェンドを失った。音楽に変化を起こし、革命を起こした。この地球に人々が存在する限り、その心は動かされることでしょう。毎日あなたのことを考えているし、本当にあなたのことが恋しいわ」

「穏やかに永遠に。心の中で永遠に。ずっと自由で。あなたのことが惜しい。カート・コバーン 1967年〜1994年」と別のファンはツイートしている。

「1994年のこの日、世界はレジェンドを失った」とカート・コバーンのアーカイヴ・アカウントはツイートしている。「あなたのことを考えない日はない。心から恋しい。忘れられることはないでしょう。安らかに」

先日、フー・ファイターズのデイヴ・グロールはニルヴァーナの予期せぬ解散の精神的苦痛とカート・コバーンが与えた大きな音楽的影響について語っている。

「もちろん、非常に試練となる体験で、人生最大の苦痛の一つだったね。もうニルヴァーナで音楽を作ることができないという事実はね」と彼はアップル・ミュージックのラジオで語っている。

「ニルヴァーナだったか、それ以外の形にしても、カートがもう素晴らしい曲を書いていない事実は人生最大の苦痛だね。彼が才能に恵まれていたのは明らかだったからね」

「彼は僕らの世代で最も偉大なソングライターだったと言って問題ないと思う。彼のドラマーで、毎晩彼とあれらの曲を演奏できたことをすごく誇りに思っているんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ