GETTY

Photo: GETTY

アイアン・メイデンはファンに楽しんでもらう何かを準備していて「非常に楽しみにしている」と述べている。

ギタリストのエイドリアン・スミスによれば、アイアン・メイデンはファンに「喜んでもらう」何かに取り組んでいることが明らかになっている。

エイドリアン・スミスはシリウスXMの『トランク・ネイション』に出演して次のように語っている。「待つ価値のあるものだと思う。メイデンが進む限り、そういうものになるからね。非常に楽しみにしているものを準備しているんだ。僕に言えるのは、ファンは喜んでくれると思うということだね」

エイドリアン・スミスはこれ以上の詳細を明かさなかったが、フロントマンのブルース・ディッキンソンは昨年「新しい音源に取り組むためにスタジオに戻った」と語っていた。

YouTubeに公開された動画でブルース・ディッキンソンは新型コロナウイルスのパンデミックでツアーがキャンセルとなった2020年を振り返っている。

「メイデンも含めて世界中の誰しもが灼熱の1年を過ごしたわけだけどさ。ツアーに出たいよね」と彼は語っている。「今年はいろんなことが実現できなかったから、火を見るよりも明らかだけど、非常に苛立った1年だったよ」

続けてブルース・ディッキンソンはアイアン・メイデンがスタジオに戻ったことを明かしている。「その間、何をしていたかというと、ちょっと曲を書き始めたんだ。スティーヴ(・ハリス)と話をしていて、スタジオに入って一緒にやったんだ。どんなふうになっているかは言えないな。殺されちゃうからね」

彼は次のように続けている。「クルーもみんな協力してくれてね。まさにライヴが中止になって、ライヴが延期されたことで、全員の生活がなくなってしまったわけだけどさ。俺たちのキラーなクルーは日常が再開したら、始められるように今も準備してくれているんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ