PRESS

Photo: PRESS

ガービッジは通算7作目となるアルバム『ノー・ゴッズ・ノー・マスターズ』をリリースすることを発表して、新曲“The Men Who Rule The World”が公開されている。

長年のコラボレーターであるビリー・ブッシュがプロデューサーを努めたアルバム『ノー・ゴッズ・ノー・マスターズ』は6月11日にリリースされる。2016年発表の『ストレンジ・リトル・バーズ』に続く新作は「資本主義、欲望、喪失、悲しみ」を扱った作品で、リード・トラック“The Men Who Rule The World”が公開されている。

「世界中で台頭する資本主義の近視眼的な考え方、人種差別、性差別、女性蔑視への批判」という“The Men Who Rule The World”はチリの映像作家、アニメーター、画家であるジャヴィ・ミ・アモールが監督したミュージック・ビデオと共に公開されている。

“The Men Who Rule The World”のミュージック・ビデオはこちらから。

「これは私たちの7枚目のアルバムになるんだけど、この7という数字はこの作品のDNAに影響する数秘学的に重要な数字なの。例えば、七元徳とか、七つの悲しみとか、七つの大罪みたいにね」と新作についてシャーリー・マンソンは語っている。

「これは私たちなりのやり方で、このクソったれな世界、つまり、いつの間にか私たちを取り巻いているとんでもないカオスを理解しようとしたものなの。今この時に作らなければならないと感じたアルバムね」

シャーリー・マンソンは2019年に新作について「非常に個人的」な歌詞を含む「シネマティックなサウンド」になると語っていた。

「もちろん、ダークだけど、どうなってほしいかは分からない。この間、ポップ・ミュージックはダークで、悲しく、不安げになっていると読んだんだけど、私が今やりたいことは正反対のことなの」と彼女は『NME』に語っている。「残念ながら、アップビートで素晴らしいポップ・ミュージックを書くのは私の得意なことではないけど、それをやりたいの」

彼女は次のように続けている。「“No Horses”みたいな感じね。ちょっとソフトで、より広がりのある感じよ。ロキシー・ミュージックの影響があるわ。ブッチ・ヴィグはウィスコンシン州マディソンでロキシー・ミュージック・ファン・クラブの長だったの」

『ノー・ゴッズ・ノー・マスターズ』はデラックス盤がCDとデジタルでリリースされることも決定しており、デヴィッド・ボウイの“Starman”やパティ・スミスとブルース・スプリングスティーンによる“Because the Night”のカヴァーも収録される。

デラックス盤にはレア・トラックである“No Horses”、“On Fire”、“Time Will Destroy Everything”、“Girls Talk”、“The Chemicals”、“Destroying Angels”が収録されており、後者の3曲にはそれぞれブロディ・ドール、ブライアン・オーバート、ジョン・ドーとエクシーン・セルヴェンカが参加している。

デラックス盤のトラックリストは以下の通り。

The Men Who Rule the World
The Creeps
Uncomfortably Me
Wolves
Waiting for God
Godhead
Anonymous XXX
A Woman Destroyed
Flipping the Bird
No Gods No Masters
This City Will Kill You
No Horses
Starman
Girls Talk feat. Brody Dalle
Because the Night feat. Screaming Females
On Fire
The Chemicals feat. Brian Aubert
Destroying Angels feat. John Doe & Exene Cervenka
Time Will Destroy Everything

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ