GETTY

Photo: GETTY

マドンナは2015年にインスタグラムに投稿したTikTokkerの身体に自分の顔を合成した写真が批判を受けている。

先日、TikTokkerのアメリア・ゴールディーは自分のオリジナルの写真をマドンナが加工したことを示す動画を投稿している。

マドンナは『レベル・ハート』のプロモーションをしている時にジョイ・ディヴィジョンのTシャツを着て、縞のスカートを履いたアメリア・ゴールディーの写真に自分の顔を合成した写真を投稿している。

@ameliamgoldie

When Madonna photoshops her face onto your body (never thought that’d be a sentence I’d say) ##ohno ##madonna

♬ Oh No – Kreepa

別のビデオでアメリア・ゴールディーはこの写真がマドンナのインスタグラムに投稿されたままであることを指摘している。マドンナによる投稿には「素晴らしい格好でしょ」というキャプションが添えられている。

アメリア・ゴールディーの動画を受けて、写真の元ネタが明記されていないことへの批判が寄せられており、なぜ加工した写真を投稿したのか疑問が寄せられている。

『ヴァイス』誌にアメリア・ゴールディーは写真について聞いた時、最初は冗談だと思っていたと語っている。「びっくりしたわ。両親に話をしたら、彼らも冗談だと思って、なんでこんなことになったのか理解できなかったみたいね。おかしかったわ」

アメリア・ゴールディーは2度マドンナのチームに連絡したものの、返事をもらうことはできなかったという。

昨年、マドンナはインスタグラムの新たなプライバシー・ポリシーについて警告し、「マーク・ザッカーバーグがあなたやあなたの家族を監視する」ことができるようになると主張している。

「インスタグラムの新たな監視方針はマーク・ザッカーバーグがあなたやあなたの家族を監視することができるようになるものよ。最も隠している秘密を盗み、テレビを含むすべてのデバイスで政府からの委託で順守しているかどうかを確認できるようになる。そして、データを政府や業界に売り渡し、罪を問うこともできるようになるの」とマドンナは述べ、次のように警告している。「これは恐ろしいことよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ